【初心者向け】リモートワーク(副業)が可能なプログラミング学習の始め方 最短準備は3日

プログラミング

本内容はこれからプログラミングを学び、リモートワーク(副業・在宅業務)が出来るようになりたいという方を対象にした記事です。

技術者観点から見るとHTML/CSSと言ったワードも一括りにプログラムと書いてあり語弊される部分がありますが【初心者向け】という観点から纏めてプログラミングと記載しています。

本内容のテーマ

【初心者向け】リモートワーク(副業)が可能なプログラミング学習の始め方 最短準備は3日

学習方法について

レッツトライ!
  • リモートワーク(副業)で稼げる金額の設定と利用できる時間の確認
  • リモートワーク(副業)で稼ぐ!自分に投資し技術意欲を高めることに追い込む
  • リモートワーク(副業)に向けて最短ルートのWordpressや無料ブログを触ってみよう!
  • リモートワーク(副業)に向けての本格的学習
  • リモートワーク(副業)を探す裏ワザ

私の経験談

会社に所属していた時期含めプログラミング歴としては10年ほどです。フリーランスとして始めたのはここ2年ほど。フリーランスのプログラマ一本だけでも生活出来るようになっています。

読み飛ばしていいよ なぜこの記事を書くのか

「稼げているのになぜ書くの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。これは私のブログを通して「いかに上手に教えられるか」というブログのライティングスキルのアップのために書いています。ごめんなさい練習台のようにしてしまって・・・

私自身、多数のクライアントさんを抱えていてホームページ制作などもあります。そこにライティングスキルを身に着けることでクライアントさんの売上アップを測れるスキルが身に付くため、私自身の勉強材料として書き残しています。

リモートワークで稼げる金額の設定と利用できる空き時間

目標金額を5000円(1日以内)で

まずは色々な案件の相場から

ホームページ制作:30万〜100万円(大規模になると軽く100万円を超えます)
システム構築:案件にもよりますが、1ヶ月単位の規模だと100万〜300万円

上記は経験者の話です。
初心者は5000円(1日以内)でも1回リモートワークで稼げるようになれば成功。それからどんどん広がりが出来て自ずと大きな案件が降ってくるはずです。

必要なものは学習の積み上げつながり・信頼の確保です。

確保できる時間の確認

まずは学習やリモートワークに専念できる時間の確保です。1日3時間以上を目安に考えるといいかもしれません。

プログラミングの経験がなくても、HTML/CSSという分野については理解するための時間は1ヶ月あれば十分だと思います。

5000円(1日あたり)目標のあとは・・・

1ヶ月後には副業として、1日あたり5000円稼ぎそれを20日間継続できれば10万円の副収入となります。
プログラミングの技術は上がれば上がるほど難易度の高いお仕事に挑戦することも出来ます。そうなると1日あたり1万円→2万円→3万円とステップアップが可能です。

リモートワークで稼ぐ!自分に投資し技術意欲を高めることに自分を追い込む

プログラマに必要な投資

私自身は何事も自己投資をして、それを回収するために技術意欲を高める努力を日々しています。
例えば一冊の本1,000円を購入したとしましょう。その1,000円で学んだ技術力を生かして仕事を受け、投資回収を行います。

プログラミングには必要な機材として必ずパソコンが必須となります。
(タブレットなどでも出来ますが効率が悪すぎます)

リモートワーク(副業)の稼ぐ目標金額を月10万で設定している場合には、3ヶ月以内で回収できる機材を持っておくことで追い込むことができるはずです。

すでにPCを持っているのであればそれでOK!持っていなければMacbookを購入するのがおすすめです。

[PR]

Macbookを選ぶ理由ですが、初期からターミナルというコマンドを入力できるソフトが標準装備されていて、且つプログラミングに最適なソフトが多数あるのもMacが多くなります。

またMacの中でもMacbook13インチあたりは軽量で持ち運びやすいので学習する環境を選びません。スペックはメモリ8GB以上、SSD256GBあればいいかなと思います。
下記からは中古製品も取り扱いがあります、安ければ8万円台で変える場合があります。

[PR]USED Mac

あとは純粋にカッコよさですねw
外で作業するときにごついPCを開くよりも、スマートなMacbookだと映えます。

Macをオススメする理由としてプログラミングを学習してく上で、ググラビリティ(検索されやすいワード)の中に出てくる技術内容もMacを題材にしたものが多く、Windowsではちょっと手こずる場合もあります。

とは言ってもWindowsでも不可はないのでググラビリティさえ無視して頑張れば大丈夫です!

リモートワークに向けて最短ルートのWordpressや無料ブログを触ってみよう!

ブログはご存知ですか?当ページまでアクセスしているなら存在はご存知だと思います。
本ブログはWordpressというシステムの中で、文章を書きPCやスマートフォンで閲覧できるようになっています。

WordPressは無料で利用できるブログシステムの一つで、サーバーを借りることですぐ利用可能です。

当ブログの運営はConohaWingを利用しています。

[PR]

こちらを利用している理由は

Conoha Wing
  • 1時間2円(月1,200円)で利用可能
  • WordPressが簡単にインストールできる
  • 自動バックアップが標準装備
  • SSLも簡単に導入可能
  • 独自ドメイン・メールも利用可能
  • セキュリティに重要な「WAF」という仕組みがついている(ハッキング(注:クラッキング)対策、DDoS対策、スパム対策)

これだけついてて月額1,200円はかなりやすいです><
WordPressのインストールについては以下を参考にしてください。

WordPressをインストールする|ConoHa WINGサポート
ConoHa WINGのご利用ガイド、FAQなどの各種サポート情報をご案内しています。ConoHa WINGは便利なご利用ガイドと専任スタッフのサポートで安心してご利用いただけます。

WordPress以外にも「アメーバブログ」「はてなブログ」「楽天ブログ」などがあります。Wordpressは敷居が高いと思った時は無料のブログで勉強する準備をしましょう。

【2019年版】ブログ作成でおすすめできる人気の無料サービスを22個比較
最近では新しいブログサービスも増えてきており、改めてブログ活用を検討する時が来ているといえます。今回は数あるブログサービスの中でも、主要なもの22に絞ってそれぞれの特徴を紹介します。

ブログを触る理由

ブログを作成するとプログラミングの初歩部分を実戦形式で学べることが特徴です。

ここで書いている文章もHTMLというコードと、CSSの装飾コードを利用してブラウザ上で表示ができるようにしています。

<p style="color:red;">例えばこのように</p>
<b>ブログを触る理由</b>
<u>ブログを触る理由</u>
<p style="font-size:24px;">ブログを触る理由</p>

例えばこのように

ブログを触る理由
ブログを触る理由

ブログを触る理由

このように色表現やサイズの可変をすることが出来ます。簡単な説明ですが上記がHTMLの入門であり、ブログをエディタで書くと自動的にHTML変換出来ますのでその内容を書き換えどのような動きをするのか見てみると実戦形式で学ぶことが出来ます。

リモートワークに向けての本格的学習

様々な方法がありますが、わからない点があれば本ブログまたは@sak_shotaまでコメントを頂ければお時間許す限りお答えいたします。

他の方法についてご紹介します。

1.ドットインストール

ドットインストール
HTML, CSS, JavaScript, PHP, Rubyをはじめ、iPhoneやAndroidアプリの作り方も学べます。豊富な3分動画を見ることで、はじめての人でも無理なくスキルを身につけていくことができるプログラミング学習サービスです。

基本料無料で動画学習ができるのが特徴です。3分の動画で区切られており、HTML初級編であれば約15回に別れて合計45分で学習できます。
有料会員にならなくても問題なく学習できますので、すごくおすすめです。

2.Progate

Progate(プロゲート) | Learn to code, learn to be creative.
Progateはオンラインでプログラミングを学べるサービスです。プログラミングを学んでWEBアプリケーションを作ろう。

こちらも無料で学べるサイトです。実際にHTML(コード)を書きながら学習していくため、アウトプット(成果物)が出しやすいのが特徴です。

有料 Udemy

[PR]

有料ならではの学習で高品質な「動画教材」が揃っています。世界中で使われているオンライン教材であり、「HTML/CSS」のパッケージ教材(約30時間〜40時間)でも1200円であります。
高いお金を払ってプログラミングスクールに通うよりはこちらの方が効率よく学習できます。

リモートワークを探す裏ワザ

クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなど様々な仕事を請け負うサービスがネット上には存在します。
ただし、クラウドワークス・ランサーズ共に単価が下がってきておりまた競争力が上がっているためあまりおすすめできません。
能動的に動く時間が多く、競争力が激しいためお仕事の受託に結びつくかが不明瞭です。

[PR]

ココナラであれば自分が持っているスキルをアピールし、商材として出すことで受動的に仕事を貰うことができます。
例えばWordpressでHTML/CSSができるようになったのであれば、今まで行ってきた勉強内容をプロフィールでPRして売ることができます。手始めに500円からでも出品できるので徐々に徐々に信頼を作りながら、金額をアップしていくことも可能です。

裏ワザについて

裏ワザ

能動的に動く方法です。

ある程度プログラミングの技量に自身が持てた時に使う方法になります。
今までの技術をアピールするためのブログ・ページを作成しましょう。それがあなたのエンジニアとしての履歴書(ポートフォリオ)となります。

ココからが本題ですがそのポートフォリオを元に、求人サイトのWEB制作・エンジニア募集の求人を探し出します。
直接会社さんに連絡できるサイトであれば、ポートフォリオを元にリモートでの仕事を打診します。
企業さんは労働者不足で特にIT界隈は人材不足です。外注できる人を探している場合が多々ありますので結構な打率で返信がくることがあります。
またネットで仲介した仕事のやり方ではなく、直接の請負なので中抜き(マージン)がなく高額な案件にたどり着くことができます。

まとめ

重要なまとめ
  • 稼ぐ金額と空き時間の算定を明確にしよう
  • 自己投資を行い、自分を追い込んで技術を学ぼう
  • WordPress、ブログを触ってみてHTML/CSSを学ぼう
  • 無料・有料の学習サイトを使って、最短で技術を学ぼう
  • リモートワークは求人サイトをうまく使え!

最後まで読んでくれてありがとうございます。 内容に気になるところがあれば、ブログのメッセージ、@sak_shotaまでお寄せください

コメント

タイトルとURLをコピーしました